fbpx
オウンドメディア

あなたのホームページ モバイルファーストインデックス(MFI)の準備できてる?

 

Googlが、全てのWEBサイトをモバイルファーストインデックス(MFI)へ移行することを、2020年9月から開始すると発表しました。

 

モバイルファーストインデックスのことは知っていますか?

 

パソコンではなく、スマートフォンでの観覧がしやすいように作成されているかを基準に評価し表示する、というものです。

 

今回は、パソコン用サイトのままだと検索されづらくなってしまうMFIの基本的な内容と対策についてご紹介します。

 

モバイルファーストインデックスとは?

モバイルファーストインデックス(以下MFI)というのは、Googl検索結果でモバイル用のサイトを優先的に表示させる、というものです。

Googlは2018年3月にウェブマスター向け公式ブログでMFIについてのアナウンスをしました。https://webmasters.googleblog.com/2018/03/rolling-out-mobile-first-indexing.html

 

以前は、Googl検索でのランキングはPCサイトが評価対象で表示されていました。

つまりスマホサイトは検索botの評価の判断には含まれていませんでした。

 

しかし近年のスマホユーザーの増大から、パソコンよりもスマホからの検索を主軸に考えたものに変えていく、ということなんです。

つまり、スマホ対応されていないサイトは多くのユーザーにとって不便だから評価しないよ!と言っているんですね。。

 

MFI構想が初めてアナウンスされたのが2016年10月。

それから1年半がたち、いよいよ本格的にMFI移行が開始されることになります。

 

なぜGooglはスマホを重要しするの?

いまやスマートフォンは、誰もが持っている日用品の1つになりつつあります。

インターネット上で調査を行っているMRCは「スマホの普及率」を利用者全体の85%

以上だと公表。年齢問わず利用されていることがわかります。

*MRC「スマホの普及率」

 

パソコンは室内などの限られた場所で、必要があるときにしか使わないのに対して、スマホは外出先など、いつでもどこでも場所を選ばず暇つぶし的に思いつくままに利用できます。

 

この利便性からスマホの普及はとどまることなく広がり、WEBサイトの検索量は増加。

 

大企業・中小企業・個人事業主とジャンルを問わず、これまでのPR方法からホームページを活用したモバイルPRが必須となりました。

『従来のPRとデジタルPRの違い』

 

結果としてネットユーザーの満足度を上げるため、Googlでもスマホを検索結果の主軸にする必要が生まれました。(Googlは2015年にはモバイルでの検索がPCを上回ったと発表していますhttps://webmasters.googleblog.com/2015/05/new-search-analytics.html

 

70%のサイトが移行済み、9月から全サイトの移行を開始

Googleの公式ブログによると、検索結果に表示されるサイトのほとんどがMFIに対応できていて、すでに70%のサイトがモバイル・ファーストに移行されているとのことです。https://webmasters.googleblog.com/2020/03/announcing-mobile-first-indexing-for.html

 

これまではMFIの準備が整っているサイトだけが移行していました。

現在はモバイル向けのサイトとPC向けのサイトが混在している状況ですが、

これが統一されると、9月移行はモバイル・ファーストの対応がされていないサイトでも順次MFIに移行されていきます。

せっかくホームページを持ってPRしていても、スマホ対応に作成できていなければ検索結果に明確に影響が出てしまうことが考えられます。

 

ホームページは今すぐスマホ対応に

スマホ対応にするにはコストもかかるため、これまでは企業でもコンテンツの一部(重要なページ)だけをモバイル対応にするなどしている様子も見られました。

しかし9月以降はこのような対策では検索速度が遅くなりランキングに悪影響がでると言われています。

 

これまでもMFI対策の必要性を度々ご紹介してきましたが、9月の前面移行を受け、ホームページをスマホ向けにすることがモバイルPRを上手にするには必要不可欠です。

*ホームページはスマホ対応にするべきって本当?沖縄の格安制作会社も紹介!

 

すでにホームページをパソコンとスマホ専用で分けて持っていたり、レスポンシブサイト(「レスポンシブWEBデザイン」とは、PC、スマートフォン、タブレットなど、画面サイズの違うデイバスごとに調整して最適な形式で表示することができるWEBデザイン)の場合は問題ありません。

 

PC向けのままであったり、レスポンシブサイトになっていないホームページは注意が必要です!

 

まとめ

 

いかかでしたか?

 

GooglがMFIへ前面移行を開始するのは9月。

 

それまでに万全の対策をして、最良のコンテンツでライバル会社に差を付けたいですね。

 

ブランドバディーズでは、スマホ対応のレスポンシブデザインを採用したWEBサイトリニューアルに対応しています。

ブランディング4つのステップ〜ホームページリニューアルの前に考えること〜

ぜひお気軽にお問い合わせください。

 

ホームページ制作の相談窓口

ホームページは、目的によって費用がピンキリです。

がっつり、集客を狙うなら戦略とブランディングが重要です。

ブランドバディーズでは、初期0円月額5500円でホームページを作成するプランから、制作費20万〜200万まで対応するプランまでございます。

お気軽にご相談ください。

気軽に相談する

コメント

コメントを残す

*