fbpx
オウンドメディア

沖縄でホームページ制作をして集患する方法(眼科編)

沖縄といえば紫外線大国。

 

紫外線は目に悪いので、

沖縄の方は目に病気を持つ方が多くいらっしゃるようです。

 

患者側からすると、

「確かな腕を持った信頼できるお医者さんに見てほしい。」

と感じますよね。

 

では、患者さんはどのように、

眼科を選んでいるのでしょうか。

 

もちろん口コミなどもありますが、

最近の動向からすると、ネット検索で眼科を決めている方も多い、

ということがわかります。

 

なぜそう言えるのでしょうか。見ていきましょう。 

 

眼科なのにどうしてホームページ?

 

まずはこちらのデータをご覧ください。

 

Ubersuggestを使用してニーズ調査をしました。

これは1ヶ月で眼科関連の検索をする人の、

検索ボリュームを表したものです。

 

「眼科ものもらい」 = 320

「眼科白内障」 = 210

「眼科緑内障」 = 170

「眼科結膜炎」 = 90

 

となっています。

 

この検索ボリュームの結果から、

眼科に興味のある人が症状別に検索をしている。

ということがわかります。

 

このように、

複数のキーワードを組み合わせて検索することを、

『ロングテールキーワード検索』と言います。

 

ロングテールの考えが提唱されたのは、2004年です。

メリカの雑誌Wired Magazineの編集長、

クリス・アンダーソンが「ロングテール理論」を述べました。

 

人気のヒット商品の売上よりも、

普段買われることの少ない、その他キャラの商品の売り上げ合計の方が、

大半を占めるというこの理論。

 

この考え方は、

インターネットの世界において必須と言えます。

 

ユーザーは、

「眼科」というキーワードだけで検索するより、

「眼科➕〇〇」で検索して、自分の目的の情報を選別して見つけるのです。

 

情報が溢れかえる現代において、

ロングテールキーワード検索が増えたのも頷けます。

 

このことから、患者さんのロングテールキーワードを予測して、

患者さんの目的に沿った内容のブログを、

ホームページ上に書いていく必要がある。

という結論に達します。 

 

そうすることにより、検索で上位表示されやすくなり、

目につく頻度が多くなるので、結果的に集患につながります。 

 

ホームページ制作の方法 

ブログを書いていくためには、

まずホームページを制作する必要があります。

 

ホームページはどのように制作できるのでしょうか。

 

最近では、『wix』や『ペライチ』といった、

無料でホームページ制作ができる便利なツールもあります。

 

wixとペライチに関してはこちらの記事で説明していますので、

ぜひご覧ください。

 

ホームページ制作ツール(wixとペライチの比較) 

 

しかし、無料で制作できるホームページツールは、

自分で制作しなければならないという問題点があります。

 

当たり前ですが、ホームページを作るためには、

ホームページの内容を考えたり、

企画構成を行ったりする必要があります。

 

さらに、各コンテンツの内容や文字の配列など、

思った以上に時間がかかります。

 

なので、これらのツールを使って作っても、

 

「なんか見づらい」

「言いたいことが伝わらない」

「安っぽくなってしまう」

という声もよく聞かれます。

 

では、無料ホームページ制作ツールの他には、

どのような方法があるでしょうか。

 

代表的なものに『WordPress』というものがあります。

 

このWordPressを使ってホームページを制作するには、

基本的には業者に依頼する必要があります。

 

HTML・CSS などスキルを持っていないと、

自由にカスタマイズできないからです。

 

そうなってくると、

制作費用は50万円から100万円ほどになります。

しかし、もっと本腰を入れて集患に使用したいと言うなら、

200万円ほどかかることもあります。

 

沖縄県内のホームページ制作会社の比較や、

ホームページ制作をする前に考えると良い内容については、

こちらをご確認ください。

 

【徹底調査】沖縄のホームページ制作会社の作成費用相場は?【2020年版】

《まとめ》沖縄で安いホームページ制作会社に依頼する前に読むといいかも‼

 

要するにホームページ制作はピンキリなので、

正確な相場は存在しないということです。 

 

ちなみに、

今ご覧いただいているこのホームページも、

WordPress を使用しています。

 

集患できるブログの書き方 

ホームページを無事制作したとします。 

 

具体的に、

どのようにブログを書いていくことができるのか考えましょう。

 

キーワード選定

 

先ほど考えたデータの、

眼科関連のキーワード検索ボリュームは次の通りでした。

 

 「眼科ものもらい」 = 320

「眼科白内障」 = 210

「眼科緑内障」 = 170

「眼科結膜炎」 = 90

 

上から検索ボリュームの多い順に並べてみましたが、

例えば、「眼科ものもらい」だと、

目をつけて記事を作成している人が多いと予測できるので、

それだけ競合が多いということにもなります。

ですので、「眼科白内障」の方が「眼科ものもらい」に比べると、

記事が上位表示されやすくなるということになります。

 

あまりにニッチなワードを選んでしまうと、

そもそも検索する人がいないので元も子もないですが、

検索ボリュームがありすぎるキーワードを選ぶもの問題があります。

 

タイトルを決める

ターゲットにするキーワードを選んだら、次は”タイトル”を考えます。

タイトルは選んだキーワードをいくつか入れていきます 。

 

例えば、

「ものもらいは眼科に行くべき?適切な治療法を紹介します」 

「白内障ってどんな病気?眼科医が教えます」

「眼科で多い病気『緑内障』の患者さん事例」

といった感じです。

 

見出しを考える

その後はいくつかの”見出し”を考えて、

決まったら各見出しごとに本文を考えていくという流れです。 

 

そうすることで、

記事を書いている途中に迷子になったりせずに、

一つのテーマを深く考察した記事を考えることができます。

 

そうすると、

検索ユーザーの満足度も上がり、

Google などの検索エンジンからの評価も上がります。

 

難病指定についての記事

ブログの記事を書き始めた頃は、

上記のような方法で記事を量産していき、

ホームページを育てていきましょう。

 

慣れてきたら、コアな内容の記事を制作するのも良いでしょう。

 

例えばですが、

目の病気には難病指定の病気もありますよね。

その病気について説明する記事や、

実際の患者さんの症例を出すなどしてみると良いかもしれません。

 

一例として、網膜色素変性症という難病指定の病気があります。

この病気の患者さんは、物が見えづらくなったり、

視力が低下したりする場合もありますが、

視野が狭くなり結果的に失明してしまう場合もある、

とても怖い病気です。

 

まだ治療法が確立されておらず、

分からないことも多い病気のようですが、

この病気に関する見解を眼科医の立場から述べることによって、

さらに検索ユーザーの満足度を高めていくことにつながります。 

 

ここまでブログを書けるようになれば、

おそらく反響の出るホームページになっているはずです。 

 

まとめ 

いかがでしたか。

 

一見、眼科ととホームページは、

畑が違うように感じるかもしれませんが、

うまくホームページを利用することで、

デジタル時代の流れに乗って集患することができます。

 

考え方としては、

もちろん治療や診療に関する確かな腕は必要ですが、

それをホームページやブログを使って、

世に発信していくということです。

 

弊社ブランドバディーズでは、

「とりあえずホームページだけ持ちたい」

という方のための格安プランや、

 WordPressなどを用いたブログを書くことにも使える、

ホームページ制作のご提案をしております。

 

是非お気軽にご相談下さい。 

 

ホームページ制作の相談窓口

ホームページは、目的によって費用がピンキリです。

がっつり、集客を狙うなら戦略とブランディングが重要です。

ブランドバディーズでは、初期0円月額5500円でホームページを作成するプランから、制作費20万〜200万まで対応するプランまでございます。

お気軽にご相談ください。

気軽に相談する

コメントを残す

*