fbpx
オウンドメディア

ブランディングの参考になる海外のサイト事例10選!

ブランディングにはクリエイティブが重要です。

WEBサイトは、ブランド体験を提供できるメディアの一つです。

ブランドバディーズのバイリンガルスタッフがブランディングの参考になるサイトを10個ピックアップしてご紹介します!

 

BVD

https://bvd.se/

マクドナルド、H&M、IKEA など日本でもよくみるロゴをデザインしているスエーデンの会社です。シンプルなデザインなのに印象に残るデザインを制作する会社として有名です。

ホームページに「simplify to clarify(明確にするために簡素化)」と表示しており、その一言で会社のコンセプトが伝わってきます。

 

And Union

https://www.andunion.com/en/

飲み干した後に捨てるのがもったいないと思わせるようにデザインされています。

ホーム画面では最初の8個のメニューで、会社の必要な情報がわかるようになっています。

また、ガラスに注ぎかたも独特で、ある程度そそいた後に、渦を描くように降って残りの泡を注ぐスタイルです。色の様々なため、部屋に置くだけでインテリアになるのでドイツで人気です。

 

Brouwerij West

https://www.brouwerijwest.com/home

カリフォルニア州サンペドロにあるビール工場。

最初にビール工場の動画が流れており、下にスクロールするとビール工場っぽさはなく、アーティストのページのようなデザインの宣伝があるため、若い世代に人気です。

工場がある地区は最近アート系の会社が増えているため、ブランディングのお手本です。

 

Mikiya Kobayashi

http://www.mikiyakobayashi.com/

プロダクトデザイナーの小林幹也のウェブです。

ウェブ自体に余計なデザインをするのではなく、作品集をずらっと並べることで彼のデザインの雰囲気が一気に伝わり、同時に作品も一覧で見えるので彼のブランディングに適しているデザインだと思います。

 

Poetic

https://poetic.io/

ビジネス支援をする会社です。文字数も少なく、シンプルですが、文字の存在感もあり、内容もちゃんと伝わっています。

色のバランスも良く、一枚のページをただただ読んでる感覚はないので、最後まで情報が入ってきます。デザイン面で会社を支援していく会社なので、これだけシンプルでおしゃれで情報が入るので説得もあります。

 

ellen skye riley

http://ellensriley.com/

 

アイコンなどを作成しているイラストレーターです。彼女の作品がウェブ全体に出てくるので、作品が無意識に目に入ってきます。

実際、サイトに訪れる人は彼女の作品を見たいので有効的です。

また、バックをピンクっぽくしたり、文字を青くしたりと、彼女の作品にあった配色もいいです。

 

Joshua McCarney

https://www.joshuamccartney.com/

イギリス出身アートデェレクターです。

彼のプロフィールはすごくシンプルですが、それだけで十分彼の情報が分かります。

あとは、その下にある彼の作品でどういう人間かわかる仕組みになってると思います。

また、作品集のタイトルと写真を見るだけでは何もわからず、ページを開くとわかる仕組みになっているので、自然と作品を見てしまいます。

 

Unruh Furniture

https://unruhfurniture.com

 

アメリカにある家具を販売している会社です。

映像の下に新王流に一言メッセージを書くことによって、一目で特注できる家具を販売している会社だということがわかります。

また、メディアに力を入れており、クオリティーが高い動画を作っているため、家具の高級感、センスの良さが際立ちます。

 

Anton and Irene

http://www.antonandirene.com

誰から見ても、面白い体験ができるデザインになってます。

デザインのインパクトが凄くて内容が入ってこないのをわかってるのか、スクロールしたら出てくる文字はシンプルで仕事の内容を表示しています。

文字の大きさも色とデザインのインパクトに負けていません。

ここに仕事を依頼すると面白いことがあるかも?と思わせてくれます。

 

 

Toy Fight

https://toyfight.co

クリエイティブの会社です。

正直見ただけではなんの会社かわかりません。

しかし、デザインがおしゃれなので無意識に全部のページを見たくなるので、そのうち何をしている会社なのかわかってきます。

最初はデザインで魅了させてから情報がわかる、クリエイターとしては作品と一緒で最高の見せ方です。

まとめ

Webサイトは企業のブランド価値を最大化させることのできる最高のメディアです。

クリエイティブを工夫し、ブランド体験を加速させていきましょう。

今後も海外から最新のブランディングに関する情報を共有していきたいと思います。

ブランドバディーズではブランディングを軸としたWeb戦略を策定することが、得意です。

お気軽にご相談ください。


      

ホームページ制作の相談窓口

ホームページは、目的によって費用がピンキリです。

がっつり、集客を狙うなら戦略とブランディングが重要です。

ブランドバディーズでは、初期0円月額5500円でホームページを作成するプランから、制作費20万〜200万まで対応するプランまでございます。

お気軽にご相談ください。

気軽に相談する

コメントを残す

*