fbpx
オウンドメディア

沖縄で民泊の集客ってどうしてる?ホームページ制作のメリットは?

民泊の課題『集客』

 

「民泊をはじめたけれど、どうやって宣伝するの?」

「安定的に集客できる方法って、なんだろう?」

「検索サイトを利用しているから、ホームページはいらないでしょ?」

 

そんな疑問を抱えながら、集客に悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

 

許可を取って、営業準備が全て整って、さあドンドン来い!

 

と思ったところで、お客さんを見付ける必要がありますよね。。

 

今日はそんな沖縄民泊の集客方法についてご紹介します。

 

増加する民泊利用者

 

低予算で旅行を楽しみたい利用者にとって嬉しい民泊。

宿泊費がリーズナブルなだけではなく、現地特有の生活習慣や、

人と人の触れ合いがあるアットホームな雰囲気とサービスも大きな魅力となり、

選択する旅行者は年々増えています。

 

沖縄でも那覇に専門のチェックインカウンターがオープンしたり、

民間仲介サービスの「Airbnb”エアビーアンドビー”」がファミリーマートと、

業務提携・店舗で民泊施設の鍵の受け渡しができるサービスが行われる。

などの動きもあり利便性も大きく上がっています。

参照:https://invest-online.jp/news/lodging18-15672/

 

今後も益々広大すると予想されている民泊市場には参入数も多く、

利用者を獲得する為にはこれまで以上に認知度を上げることが必要です。

 

認知度を高める検索サイト

 

地域の観光協会や、民泊を斡旋してくれる団体が活発に機能していて、

安定的に集客が可能であれば繋がりを持つのもいいでしょう。

 

海外からの沖縄への渡航者も増えるなか、

民泊の認知度を上げるには国内外を問わず、

地域を限定しない方法で広く存在を知ってもらう必要があります。

 

多くの民泊が利している宿泊予約サイトの仲介サービス。

独自のホームページを持っていない場合は、

この検索サイトの掲載だけがネットからの宿泊者を獲得するルートになります。

 

スマホの普及によって、宿泊予約サイトは誰からも検索しやすくなりました。

広域なユーザーの目に振れるため、

掲載すれば認知度が非常に高まるので集客には欠かせないサービスです。

利用者目線のレビューも評価を上げるのに役立ってくれ、

良い評価が付けばアピール力も大きいでしょう。

 

では、このような宿泊予約サイトの掲載だけで、

本当にネットでの集客は十分にできているのでしょうか?

 

予約をさせるホームページ

宿泊予約サイトは認知度を高めるには必須ですが、

実は掲載できる情報量が限られていて、

自主制作のホームページに比べてアピールできるコンテンツが非常に少ないんです。

 

ホームページを持つことは、

電話相談や予約ルートの確保を複数にするだけではなく、

宿泊予約サイトに加え、より多くの情報を検索ユーザーに伝えることができので、

あなたの宿泊施設の魅力を伝えることが存分にできるようになります。

 

「どんな人がやっているんだろう?」

「この写真だけじゃ全体の雰囲気が分りづらい、、」

「どんなサービスがあるのかもっと知りたい」

 

ゲストは初めて泊まる場所に対して、

多かれ少なかれ不安を感じているものです。

 

選択するために必要となる詳細な情報が見れるよう、

分かりやすくコンテンツ分けし、

魅力たっぷりに伝える綺麗なホームページを開設することは、

ゲストへの安心と信頼に繋がります。

 

この安心と信頼を得られるかが、

数多くある宿泊施設の中から予約を獲得する『集客力』に繋がります。

 

これからまだまだ拡大していくと予想される民泊市場において、

ホームページを持つことは他との差別化をし、

これから先の認知度と集客力に大きく差を付ける可能性を秘めています。

情報量が多いメリット

施設のことをしっかりと知った上で、

予約してもらえることは様々なメリットがあります。

 

予約サイトだけではどうしても掲載できる情報が限られてしまいます。

ホームページの豊富な情報発信力を使い、宿のロケーション、

外観・内装、貸出物や客室作りの魅力やサービスを、

写真や動画・文章を制限されることなく使い、

しっかり伝えることができます。

 

また周辺環境の情報を事前に知ってもらえるように配慮することもできます。

 

住宅に近い民泊では、

宿の宿泊ルールや周辺環境の情報などを記載しておくことは、

利用者への配慮と共に注意喚起にもなり、

宿泊後のトラブル回避にもつながります。

 

スマホ対応型のホームページ制作

 

このように、

ホームページは検索ユーザーに宿の魅力を効果的にアピールできることができるため、

認知度だけではなく『集客力』を高め、宿泊者の獲得に役立ちます。

 

スマホの普及により、

多くのネットユーザーがスマホを使って見ていることが考えられるため、

ホームページはスマホで検索された時に綺麗に表示されるよう考えられたものにする必要があります。

 

大手検索エンジンGoogleでは、

スマートフォンからの検索を指標として検索結果の画面表示の順番を決めています。

(モバイルファーストインデックス)

これは、スマホから情報収集するユーザーがいかに多いかを示しています。

見づらいホームページは、それだけで敬遠されてしまう可能性だってあります。

 

魅力を引き出すプロにお任せ!

 

「好感度をあげるホームページの制作って、どうするの?」

「必要性は分かったけど、、」

 

このようなホームページ初心者の方は、

制作代行会社に問い合わせをしてみてはいかがでしょうか?

 

沖縄にもたくさんのWEBサイト制作会社がありますが、

初心者の方でもコストをかけずにホームページを持つメリットを知ってもらえるように、

格安でホームページ制作をしている『Beeデジタル!』は

初期費用0円、月額5,500円でホームページを作成して更新代行するサービスを提供しています。

 

ホームページの必要性を感じていても、

色々な理由から着手できずにいる方も多いと思います。

 

ホームページは、独学で制作するにはある程度勉強が必要となりますし、

いざ始めて見ると時間がとられ、本業に集中できないという方が多いのも事実です。

 

知識と経験豊富なスタッフに、

新規客獲得のWEBサイト担当として運営の代行をしてもらうことで、

集中して宿のサービス向上をする時間も生まれます。

 

Beeデジタル!(ビーデジタル)は、

沖縄の個人起業家のためにコストをかけずに代行してくれるサブスクリプションサービスです。

 

「宿泊客を見付ける」ではなく、「見付けてもらう」ためのサービスです。

 

宿泊予約サイトでは掲載できないあなたの宿の魅力を、

ゲストのイメージが広がるようなコンテンツが詰まったホームページで、

紹介・アピールして集客力をアップさせましょう!

コメントを残す

*