fbpx
オウンドメディア

沖縄の歯医者がホームページを持つべき理由と集客方法について!

近年の集客方法は劇的な変化を遂げつつあります。

 

例えば、一昔前までは新聞折り込み広告や地元のTVCM、

ポスターやチラシなどに費用をかける事で、

集客することができていました。

 

これは、

人々の情報を得るための手段が限られていたからだと言えます。

とりあえず強制的に視野に入れてもらうことで、

印象付けて集客へとつなげていました。

 

しかし近年は、

情報を得るための媒体や情報網が増えたため、

ネット環境さえあれば、

地球の裏側の情報でさえ瞬時に把握することができる時代です。

 

このような時代に、以前のような集客方法をやりすぎると、

逆に悪印象を与えてしまい、

嫌われてしまうことすらあります。 

 

様々な情報が溢れており、

見込み客が情報を探すというより、

『溢れかえっている情報の中から自分に合った情報を探す』

そんな時代へと変化していることを、

認める必要があるのかもしれません。

 

この時代の流れから、

よりブランディングに特化した、

会社や企業・お店が生き残っていくと感じます。

 

今回はそんな時代の流れを利用して、

特に『沖縄の歯医者がどのように集客できるか』

について考えていこうと思います。

 

沖縄県内の歯医者総数 

 

田舎などで地域密着型の経営を行うなら、

保険適用の治療のみでも経営していける。

というデータもあります。

 

このデータを裏付ける要素として、

福井県の歯医者総数は『262院』だということが挙げられます。

 

では、経済成長・人口増加の著しい、

沖縄県内の歯医者総数を見てみましょう。

参照:https://www.doctor-map.info/cid15649/47/list/

 

大手賃貸管理業者ホームメイトの市場調査によると、

沖縄県内の歯医者の総数は、なんと『521院』でした。

「こんなにあるの!?」と思われたかもしれません。

 

福井県の面積が4,190 km²なのに対して、

沖縄県の面積は2,281 km²です。

 

約倍近い面積の差があるのに、

面積が小さい沖縄県の方が、

福井県よりも歯医者の数が多いことになります。 

 

やはり沖縄県内では保険適用の診療だけではなく、

クリーニングやホワイトニングなど、

ここにしかない『強み』を持つ必要がある。

ということがわかります。

 

そうしないと、

たくさんある歯医者の中で見込み客に見つけてもらえず、

埋もれてしまいます。

 

「歯医者 近く」で検索する人を集客する 

https://neilpatel.com/jp/ubersuggest/

 

これは歯医者関連で検索する人の、

検索ボリュームを表したものです。

 

「歯医者」に続き、「歯医者近く」で検索する人も、

多数いるということがわかります。

 

ここからわかることは、MEO対策をする必要があるということです。

 

MEOとは『Map Engine Optimization』の略で、

Google Mapを対象とした地図エンジンにおいて最適化を図るというもので、

「ローカルSEO」とも言われます。

 

たとえば、

Google検索エンジンで「歯医者 近く」などと検索すると、

近くの歯医者がマッピングされた地図の画像と一緒に、

表示されると思います。

  

このように、

MEOというのは、地域密着型の対策であるということから、

『ローカルSEO』とも言われています。

 

そして歯医者や店舗側が、Googleマイビジネスなどを使用して、

自分達が上位に表示されるように対策を行うことを、

『MEO対策』と言います。

 

このようなMEO対策を施すことにより、

「歯医者 近く」で検索する見込み客をゲットすることができます。

 

具体的なMEO対策方法については、以下を参照してください。

 

沖縄で商売するならMEOが重要な理由とは?

Googleマイビジネスの開設方法

 

MEO対策だけではダメ!ホームページと併用するべき理由

 

では、MEO対策だけ施せば良いのでしょうか。

そういうわけではありません。

 

先ほどの検索ボリュームをもう一度見てみましょう。

https://neilpatel.com/jp/ubersuggest/

 

「歯医者 近く」の次は、「歯医者 予約」となっています。

 

これで、

 

ローカル検索をして近くの歯医者を探す

→予約できる曜日・時間を確認して予約する

 

というユーザーの行動の流れを知ることができます。

 

では、あなたの院に興味を持った見込み客は、

どのように予約することができますか?

 

ほとんどの場合、WEB予約を行うと思います。

 

まだ電話で予約を受け付けているところもありますが、

そうすると受付の負担が多くなります。

 

 WEB予約にすることにより、

ユーザーと受付両方の負担を減らして、

スムーズな予約が可能になるからです。

 

これからの沖縄は、地域密着型ではなく、

 様々な世代の様々なニーズに対応していく必要があるため、

そのような予約体制は必要です。

 

そこで役立つのがホームページです 。

 

ユーザーの知りたい情報を掲載したホームページにする

 

ローカル検索をして近くの歯医者を探す

→予約できる曜日・時間を確認して予約する

 

この流れでいうと、

見込み客は予約できる曜日時間を確認する必要があります。

 

そのためホームページには、

 見込み客が知りたいと思う情報をしっかりと載せていく必要があります。

 

さらに、他の歯医者と差別化するために、

『強み』を打ち出していく必要もあります。

 

クリーニングとホワイトニング 

 

歯医者激戦区と化した沖縄。

 

先ほど考えたように、

保険適用診療のみではなく一部が保険適用外となる、

『クリーニング』全てが保険適用外となる『ホワイトニング』など、

ある意味美容面で、歯を美しく保ちたいと考える見込み客も、

取り込む必要があります。

 

もし、これら保険適用外診療も強みなら、

そのことも強く打ち出したホームページにすると良いでしょう。

 

ポイントは口コミ 

 

迷っている見込み客の背中を押すのは何でしょうか。

 

それは『口コミ』だと言えます。

 

保険適用診療で良くなった患者さんの口コミも大事ですが、

特に保険適用外診療の良い口コミを、

ホームページに掲載すると良いでしょう。

 

その口コミを、掲載できる時に『ブログ』の形で発信していくと、

さらに良いと思います。

 

ブログを見てくれている方は、

来院しようか迷っている人である可能性が高いですよね。

 

その場合、ホームページがないと、

 

他の口コミまとめサイトなどに流れてしまうことがあります。

 

その際、当たり障りのない普通の口コミや、

悪意のある口コミが目に入ると、どうなるでしょうか。

 

「別にここじゃなくても歯医者はたくさんあるし、

もっと調べてみよう。」と他の歯医者に取られてしまうでしょう。

 

しかし、しっかりホームページを運用して、

良い口コミをブログにし掲載していくことで、

見込み客へ良い印象を与えることができるでしょう。

 

結果、見込み客の背中を押すことができます。 

 

まとめ 

 

今回は、沖縄県内の歯医者がホームページを持つべき理由と、

その集客方法について考えました。

 

結論として、ホームページを持ち、

MEO対策と併用していく必要があるということです。

さらに、SNSを使用して爆発的な周知を期待することも可能です。

 

『溢れかえっている情報の中から自分に合った情報を探す』

そんな時代だからこそ、様々な媒体を使用して、

ターゲットを絞って確実にアピールしていくことが、

重要だということができます。

 

でも、「本業の側ホームページを自分たちで用意するのは難しい。

ましてや、MEO対策とかGoogleマイビジネスとか、

そこまで手がまわらない。」

と感じる方は多くいらっしゃるでしょう。

 

私たちブランドバディーズは、

ホームページ制作からブランディング、

WEBに関する様々なサポートを承ります。

 

幅広くサポート致しますので、

是非お気軽にご相談ください。

 

ホームページ制作の相談窓口

ホームページは、目的によって費用がピンキリです。

がっつり、集客を狙うなら戦略とブランディングが重要です。

ブランドバディーズでは、初期0円月額5500円でホームページを作成するプランから、制作費20万〜200万まで対応するプランまでございます。

お気軽にご相談ください。

気軽に相談する

コメントを残す

*