fbpx
オウンドメディア

集客法はチラシ以外にも!ホームページ集客の強みや効果性を解説

チラシ集客の効果性と弱点について

新聞の折り込みチラシや、ポスト投函チラシなど、チラシは今でも効果的な集客ツールとして用いられています。独立したばかりの人にとっても真っ先にチャレンジしやすい集客方法ではないでしょうか。

 

チラシは一度に不特定多数の相手に配ることができるので、相手の関心の有無にかかわらずサービスを認知してもらうのに役立ちます。そして関心を持つ人の行動を促しやすく、短期間で反応が返ってくるという良い面もあります。

 

ところで仮にチラシを配ったとして、どのくらいの反応が見込めると思いますか?

業種や配布地域によっても異なりますが、おおよその反応率は良くても0.01%から0.3%と言われているようです。

 

つまり1万枚配って1名~30名から反応が返ってこれば成功と言えるかもしれません。

「あれ、意外と反応少ないんだな」って感じませんか?

 

でもそれはチラシに集客力が無いという訳ではなく、チラシ自体が不特定多数の人にサービスを認知してもらうことを得意分野としたアプローチ方法だからなんです。

逆に、チラシは紙一枚で発信できる情報量が限られ、読む人を説得し次の行動に促すことは苦手分野なので上記のような反応になるとも言えます。

 

またその他のチラシに埋もれてちゃんと見てもらえなかったり、広い地域に配布しようとすればするほど費用がかかってしまうのも弱点です。

 

チラシ集客の弱点や、不得意分野を補う良い方法があればいいのにと思いますよね。

そこで登場するのがホームページなのです。

 

ホームページを集客ツールとして活用するメリットとは?

なぜホームページ集客とチラシ集客は相性が良いのでしょうか。

それは各々アプローチの得意分野が異なり、お互いの不得意な分野を補う仕方で集客が行なえるからなんです。

 

「プッシュ型」、「プル型」というマーケティング用語をご存じでしょうか。

 

プッシュ型は相手の興味の有無にかかわらず、こちらのタイミングで情報発信やアプローチを行なうマーケティング法を指す言葉です。

テレビや新聞などがそれにあたり、ユーザーが受動的に情報を受け取るチラシもプッシュ型メディアに分類されます。

 

それとは対照的に、ユーザーが能動的に情報を見に来てくれるのを待つ形態のマーケティング方法はプル型と呼ばれ、ホームページやSNS、展示会などがこれにあたります。

 

チラシの効果性でも触れたようにプッシュ型メディアは、広く情報を発信して認知度を高めることは得意ですが、関心を持つ人に具体的な情報を提供することは苦手です。

 

そこでプル型メディアであるホームページに詳細情報を掲載し、チラシと連携させることで、関心を持った人を納得・説得することが可能になるのです。

 

しかしホームページ集客にも弱点があります。それは能動的なメディアであるがゆえに、存在自体を認知してもらいにくい点です。チラシと連携させるなら話は別。情報発信が得意なチラシにがあれば不特定多数の人にホームページを広く認知してもらえます。

 

お互いの弱点を補い効果的なアプローチが可能になるのが、ホームページ・チラシ連携の強みです。

 

チラシとホームページを連携させる集客率アップ術とは

仮にホームページとチラシを連携させるると、どんな集客が可能になるのでしょうか?

 

まずチラシ経由でQRコードからホームページに誘導する集客が行えます。

スマホ利用者が年々増加している今、QRコードの掲載は欠かせません。カメラアプリから簡単にブラウザを起動できる手軽さもあり、チラシにQRコードを載せただけで反応率が15%もアップしたという企業例も報告されています。

 

またテレビなどでもよく見かけるようになった「詳しくは〇〇で検索!」というCM。

あのCMは見た人の次の行動を促すための広告手段として効果的で、チラシでも同様の効果を発揮します。チラシで応用するなら、QRコードの横に検索窓と特定のキーワードも併せて掲載し、そのキーワードで検索するよう促す広告が良いでしょう。

 

特定キーワードやQRコードの掲載は、後ほどアクセス解析に役立つため便利です。

アクセス解析を行なうと、チラシ経由でどれだけの人数がどの程度の時間ホームページを見たか、チラシ効果を目に見える数字で測定できます。

 

「Googleサーチコンソール」「Googleアナリティクス」といったツールを用いてアクセス解析を行なえば、チラシを配布した地区ごとの反応の違いも把握できるので、アプローチの仕方を検討し直すためのデータとしても役立ちます

 

チラシとホームページは好相性!

ホームページは一度情報をアップすれば、インターネット上でいつでも閲覧できるので、チラシを見落とした人を集客するチャンスも生まれます。またチラシが配布できない期間中も、24時間常にホームページを訪れる人に対してアピールを行なう営業マンもこなしてくれるのです。

 

でも「ホームページの事はよく分からない」「持ってみたいけどお金がかかりそう」と不安に感じる人もいますよね。

 

沖縄に拠点を置くBrandBuddyz合同会社は、そんな方の集客を応援したいとの思いから、格安ホームページ制作するサービス「Beeデジタル!」のリリースを開始しました。

 

Beeデジタル!ではホームページを作成するために、難し知識や高額な費用は一切必要ありません。チラシ&ホームページ連携で集客で集客アップを目指してみませんか?

 

格安ホームページ制作代行Beeデジタル!の詳細はこちらから確認いただけます。

 

格安ホームページ制作は『Beeデジタル!』へお任せください!

 

初期0円、月額5500円であなたのWEB担当に!Beeデジタル!

お店や事業の立ち上げ時は、お金も時間も余裕がありません。特に個人事業主や一人起業家にとっては、本業で忙しく、WEB周りはまったく手付かずな状態になりがちです。

本格的なWEBサイトがなくても、まずは名刺や自社を知ってもらうためにもホームページが必要という方向けに初期0円で月額5500円でホームページ作成や更新を代行するサービスを開始しました。LINEのトークからBeeちゃん(キャラクター)に会話するだけで、WEB周りのお仕事を代行します。

詳細はこちら

コメントを残す

*