fbpx
オウンドメディア

沖縄の市場でビジネスするにはスマホサイトが必須な理由

沖縄では、なぜスマートフォンWEBサイトが必要か?

あなたは、日常でスマートフォンをどのくらい利用しますか?

おそらく、全く触らない日はないでしょう。

天気をチェックしたり、予定を見たり、電話をかけたり、GoogleMapで地図を見たり、メールやライン、facebookやインスタグラムなどの利用など、スマートフォンは日常生活にかかせない手のひらで簡単に情報発信、収集ができる最高のツールです。

今の時代、ホームページ、WEBサイトは持っていて当たり前です。

そのホームページは、スマホ対応になっていますか?

自社のホームページをスマホで見てみることをお勧めします。親指と人さし指で拡大しないと見れない状況でしたら、今すぐ、スマートフォン対応にするべきです。

特にここ、沖縄では、スマホサイトは重要な役割を果たします。

なぜスマートフォンサイトが必要か?

このグラフは、総務省が発表しているインターネット利用デバイスの利用率です。

平成22年からスマートフォンのインターネット利用が激増(赤い点線)しております。

平成28年では、パソコンでのインターネット利用率が73%、スマホでの利用率が71.8%とほとんど大差がない状況です。

おそらく、ここ数年で逆転すると予想されます。

では、沖縄ではどうでしょうか。

沖縄でのスマホ利用率はどのくらい?

こちらも総務省が発表しているデータですが、実は、沖縄県のネット利用率は、47都道府県中12位!

スマホ利用率も全国平均とほぼ同等です。

沖縄はパソコンの保有率が全国的にも低い状況ですが、スマホは誰でも持っています。

つまり、インターネットをスマホを使えば、誰でも利用できるのです。

WEBサイトをスマホ化すべき理由とは?

GoogleやYahooの検索画面で、キーワードを入れて、検索し、上位に表示させるのは、誰が行っているのでしょうか。

それは、Googleです。検索ユーザーにとって質がよく信頼性の高い有益な情報を提供しているWEBサイトを上位表示させています。

この上位表示させるアルゴリズムを、Googleは、モバイル対応に変更する方針です。

詳細は、こちらをご覧ください。

モバイル ファースト インデックスに向けてサイトを準備するためのヒント

モバイル化(スマホ化)されていないWEBサイトは、Googleは評価しないと明言しております。

Google では上記の基準に基づいて、モバイル ファースト インデックスに対応しているかどうかをサイトごとに評価し、準備が整ったサイトから移行していく予定です。このプロセスは、ごく一部のサイトに対してすでに開始されており、検索チームが経過を注意深く観察しています。

スマホ化するには、レスポンシブデザインを推奨しております。

BtoCビジネスを行っている飲食店や美容室、整骨院などは、スマホだけのサイトでも良いと思います。

自社サイトがスマホ対応しているか調べる方法

モバイルフレンドリーテスト

モバイルフレンドリーテスト

Googleからモバイルフレンドリーかどうか調べる無料ツールが提供されています。

自社サイトのURLを入力し、調べてみることをお勧めします。

まとめ

  • インターネット利用は、スマホ中心へ
  • 沖縄県内のスマホ利用率は高い
  • Googleはモバイル(スマホ)サイトを評価する方針

まだスマホ化されていない方は、リニューアルする際は、レスポンシブデザインでリニューアルしましょう。

今からホームページを作成しようと考えている方は、自社業態に合わせてスマホサイトを構築することをお勧めします。

 

コメント

コメントを残す

*